20200328:Dear…星パン屋(※長いです)

2月に本牧ハローカフェさんの閉店を惜しむ日記を投稿したばかりですが、
今回も、また、大切な大切なお店とのお別れの日が来てしまいました。

閉店前に名残惜しんでたくさん星パンを買い込み
ずっと冷凍庫に保管していたので(冷凍焼けよりもなくなるのがいやで…)
いまだに閉店の実感が湧かず、
この投稿も下書きして保存、下書きして保存をくりかえしちっとも進みませんでした。

星パン屋さんのオープンはラジオで知りました。
当時行きつけだったカフェのオーナーさんからも大変美味しいとの情報。
地元としてはあまりに意外な場所でのオープンで、
初めて行ったのはオープンから半年近く経ってからだったと思います。

私は一瞬で星パン屋ファンとなりました。
お店のイチオシ「地球パン」
今まで食べたことのない絶品食パン「カシオペア」
自分がシナモンロール好きを自覚したきっかけとなった「ギャラクシィ」

星の名前がついたパンは本当に、
どこかの星から採取した特別なエキスが入っているのでは…
と思うほどに、ここにしかない魅力溢れるパンが揃っていました。

しばらくして、私は著書を出すことになります。
まるちゃんのはらぺこパンBOOK

この時、おすすめのお店を紹介するページを作ることになり、
真っ先に選んだのが星パン屋さん。
ご承諾いただき、掲載させていただきました。
(これはぜひ本書をご覧ください。笑)

などなどのご縁もあり、
実は星パン屋さんで発行していた「光星〜koubo〜」という冊子にも
イラストを提供させていただいてました。

   

  

星パンについてのエピソードや星についてなどが満載。
星パンを描ける喜びと、描いた星パンを食べる幸福と、星パンのことを深く知れる楽しさ。
ずっとずっと大切に残しておきたい作品です。

その後、星パン屋さんと私はいろんな場面で楽しいコラボを実現させていきました。
星パン屋さんの大人気商品&私の大好物・シナモンロールのセット販売では、
各シナモンロールの紹介ペーパーを作らせていただいたり。


 

星パン屋の店長さんのすごいところは、
その創作意欲と実現力。
一つ一つに物語があり、食べる人にも物語のその先を想像させます。
シナモンロールとしての美味しさをそのままに、
様々な食材の豪華な演出で彩る。
この斬新なシナモンロールたちは本当に驚きでした。

とくに驚いたのは、
シナモンロールとパネトーネを組み合わせた「シナトーネ」。
これは最強でした…
断面の美しいこと。世界遺産にも登録できるレベルの断崖絶壁。
登場は一度だけでしたが、
いろんな意味でもう2度と出会うことのない奇跡のパンだと思います。

星パン屋さんでは、たくさんの夢を叶えていただきました。

パン作りのワークショップ。
「カシオペア会」は、
星パン屋さんの食パン「カシオペア」を作り、焼きたて食べよう!
というもの。

焼き上がってすぐの、湯気の立ち上るカシオペアを手で裂き、
まずは香りをじっくりと堪能し…

バター×はちみつの黄金ペアでいただきました。

シナモンロール会も幸せでしたね…
生地からパンになるまでを自分の手で形にしていくと、
なんだか我が子のように感じられました…

 

4種類のシナモンロールが食べられる奇跡のプレートもありました。

こちらもメニューを描かせていただき…
実食。

手前はなんと、シナモンロール食パンをフレンチトーストにしたものなんですよ…
なんて… けしからん…
美味しさにとろけて意識が宇宙に飛びました。

さらにさらに、
星パン屋さんの星パンを描こう!という初のワークショップも開催させていただきました!

私が若干若く見えるというのは置いといて。
お好きな星パンを選んでいただき、ペンを使ってイラストを描きました。
みなさん星パンを前につばを飲み込みつつ、一生懸命描いてくださり私も楽しかったです!

そんな深い思い出しかない星パン屋さん。
閉店のお話を聞いた時は正直戸惑いました。
けれど、それは決して後ろ向きなものではなく、
とても前向きな、また違う星を目指すための一歩なのです。

お店には私の著書2冊とも置いてくださって…。
いつもいつも応援してくださっていた星パン屋さん、今度は私が応援の気持ちを持って送り出す番!

なんて思っていましたが、
閉店の少し前のこと。
オープン前の時間に、
店長さんにとても素敵なおもてなしをいただきました。

おかしいな、目から滝が…
こんな美しすぎる花束、見たことがありません…

しかも、しかも!
こんなラブレターお手紙まで…

今思い出しても、胸がいっぱいです…
私の愛する場所。
愛おしいパンと、あたたかな人々。

ずっとずっと残しておきたい大切な場所。

この想いを音楽に変え、ここに残しました。
それが先日発表した…

『銀河のシナモンロール』

この素晴らしい音楽は、アコースティックユニット・OTONARIさんが作ってくださいました。
私が歌詞の元となるワードと想いを伝え、形にしてくださったんです。

星パン屋が、私のイラストや著書、そして音楽で、永遠に残りますように…

もちろんそうでなくても、私の心の中には一生あり続けます。

大好きな大好きな星パン屋さん。

ありがとうでは足りません。

地球からは離れてしまいましたが、きっとどこかの星で営業中。

また… どこかで会えたら。

本当にありがとうございました。

うん、
やっぱりまだ、
実感ありません…

だって、違う星で営業中なんですものね。

だからお別れではなく、また会いましょう。

地球店、お疲れ様でした!!

ウタタネ喫茶室〜思い出を振り返る②〜

昨年の4月。
ギャラリーニイクさんで個展を開きました。

見ているだけでお腹のすく、
食べ物イラストで満たされた会場。
私はこの個展で、初めての試みとなるイベントを開催したんです。

Cafe Sucre Aoyamaさん(昨年12月に閉店されました)の焼き菓子と、
マツモトコーヒーロースターズさんの珈琲豆を販売。
そして、
アコースティックユニット・OTONARIさんによるライブです!

ゆるやかに流れる時間。
安らぎに包まれた会場内は、春の陽気に後押しされてぽかぽかと優しい空気を感じます。

この日はマツモトコーヒーロースターズさんに直接お越しいただき、珈琲の販売も行いました。
珈琲の香りと音楽。
そして背景には私のイラスト…
こんなに幸せなことはありません。

今年も、そのような形でライブイベントを行う予定で準備をしていました。

しかしながら、2020年の個展は延期せざるを得ない状況に。
開催か否かの判断を迫られる中、
個展よりも先に、まずは珈琲の販売とライブの中止の決断をしました。
とても苦しい決断でしたが、大切な人たちを守るためにも必要な判断だったと思います。
時々、心が折れそうになる瞬間がありました。
ですが、そっと背中をさするように手を差し伸べてくださったのが、
OTONARIさんだったんです。

「無理のない範囲で、イベントの予定だった日に合わせて何か作れたら」

全く思いつきもしなかった、音楽とのコラボレーション。
LINEだけのやりとりでできるものなのか、わからないながらに思ったのは

「作りたい」

「やってみたい」

自分でも不思議なほど、前向きな感情が湧き上がりました。

まず題材を考え、私が歌詞の原型となる言葉やイメージを伝え、
音にしてもらい、少しずつ形にしていきました。
私が渡した言葉は支離滅裂な箇条書きでしたが、見事に私の気持ちを捉えたものでした…感激。
重なり合う声に涙が出ました。
なにを隠そう、今回の曲のテーマは「シナモンロール」であり、
私が愛する星パン屋さんの「ギャラクシィ」というシナモンロールだからです。
星パン屋さんは、先月末に閉店してしまったのですが、
シナ活アート展の時にはシナモンロールの販売をしてくださったり、
お仕事などでも常日頃お世話になっているお店でした。
(こちらについてはまた改めてブログに書きます。)

ずっとずっと残しておきたい大切な場所。
それが音楽となり、ここに一つの形として残りました。

『銀河のシナモンロール』

OTONARIさんが背中を押してくださったおかげで、
おうちで私の個展を楽しんでもらえるような時間を作ることができたんです。

それが【おうちdeウタタネ喫茶室】。

個展の期間中に毎日、なにかしら発信をする。
考えてみるとやりたいことがたくさんあって、
毎日それらを公開するたびにいただける反応に喜びを感じていました。
こんなにも充実した一週間を過ごせたのは、
ギャラリーニイクさん、OTONARIさん、星パン屋さん、応援してくださるみなさまがいてのこと。
家にいるからこそ、改めて感じられた人のぬくもり。
ネットを通じても、こんなにあたたかいんだ…とじんわり。

本当にみなさん、お力添えいただきありがとうございました。

とてもとてもとっっっても!!
楽しい一週間でした!!

通販は引き続き行っておりますし、
トップにあるダウンロードアイテムはまだ少し残しておきますので、
よかったらおうち時間を楽しんでください^^
おうちカフェのBGMにはぜひ、銀河のシナモンロールを…*

ウタタネ喫茶室〜思い出を振り返る①〜

まるやまひとみ個展【ウタタネ喫茶室】

改め…

【おうちdeウタタネ喫茶室】にお付き合いいただき誠にありがとうございました!

最終日、TwitterとInstagramでリクエストを募集し、イラストにしました。
これすごく楽しかったのでまたやりたいと思います!

さて。
今回延期となってしまったギャラリーニイクさんでの個展。
振り返るとたくさんの充実した思い出が。

初めての訪問は、友人のUshimaru Saekiさんが開催していた個展でした。
当時、友人の自称シナモンロール親善大使クマンダさんと共に
シナモンロールをテーマにした展示を企画している最中で、
実は…と私たちがやりたいとすることについてお話すると、
オーナーさんからとても前向きなお返事をいただき、「ここでやりたい!」と強い意思が湧き上がりました。
そして企画展は2018年に開催!

【シナ活アート展】と題し、シナモンロールをテーマにした作品展を開催しました。


パンラボ・池田浩明さんにお越しいただき、
シナモンロールについて熱く語り合うトークイベントも開催。
もちろん、シナモンロールを食べながら♪


大変盛り上がり、イベントも企画展も大成功。
またこんな素敵な企画展を開催したい…
ぽかぽかと温かくなった心を抱きしめつつ、
私の中にもう一つ新たな目標が生まれました。

「ギャラリーニイクさんで個展がしたい!」

個展はたびたび開催していましたが、
とくに固定のギャラリーさんがあったわけではなく、
自分に合ったギャラリーさんがないかずっと探していたところでした。
まさに、ここだったのです。

シナ活アート展、いや、シナモンロールは、
人と人を繋ぐ架け橋。
あのうずまきに秘められた宇宙のような無限の可能性が、私の背中をぐぐっと押すのです。

そして翌年、【ウタタネ喫茶室】が幕を開けます…

そちらについては思い出を振り返る②でご紹介いたします!
午後にまた更新しますので、お楽しみに〜〜〜〜〜〜〜〜!